トップ ミュージックトップ サイトマップ
Profile
Marion Raven
マリオン・レイヴン
ノルウエー出身、1984年5月25日生まれ。99年にポップ・デュオM2Mとして『ポケモン』全米劇場公開版のサントラへ収録されたデビュー曲「ドント・セイ・ユー・ラヴ・ミー」が世界的に大ヒット。その才能はあのジュエルにも本物として認められ、2002年にはジュエルの全米ツアーサポートアクトを努める
M2M解散後、ミッシー・エリオット、JET等が所属するアトランティックとソロ契約。美しいメロディーとアコースティック・サウンドにロックの力強さを加えた華麗なデビュー・アルバムが2005年6月リリース。
Information
デビューアルバム
「ヒア・アイ・アム」
2005.6.8 ON SALE
¥2,180(tax in)/WPCR-12071

【楽曲をダウンロードする】

「ヒア・アイ・アム」
INTERVIEW
マリオン・レイブン
インタビュー
待ち受け画像ほかプレゼントもあり!モバイル特集もチェック!
Music試聴
マリオン・レイヴン
ブレイク・ユー
Media   試聴する   Real   試聴する
マリオン・レイヴン
ブレイク・ユー フル
Media   試聴する   Real   試聴する
スペシャル・アコースティック・ライヴ〜ダイジェストを期間限定公開!
期間:9/26〜10/25
Media   試聴する   Real   試聴する
I hope people will enjoy my album.. I really do.
It was different coming back to Norway to work and not for vacation time with my family.
I even lived at a hotel for one night in Oslo, because I don't live there anymore.
It was very strange. I did a photo shoot for Norwegian Elle, which was fun because it's the magazine I read from home. I also did a showcase in Oslo. I had invited all my friends and my family to come see me play for the first time. Also the most important Norwegian media people were there.
It was my time to show them my songs..no one ever heard them before. I was so nervous because my voice was acting weird. It was because of my pollen allergies. And the trees were OF COURSE blooming at it's best that day.
My head was pounding and my throat was sore. But I thought I would give it a shot. I didn't want to cancel with all my dearest people sitting waiting in the audience.
I felt that my shows before have been better, but I was happy with it considering the circumstances. It was so nice to see all the people I love in front of me.
It was also amazing to see the support I got from the Norwegian media and people. They seem to really like my song "Break You" and it makes me so happy.

d0026100_1012739.gif

d0026100_1015821.gifAfter doing a few more interviews my voice was completely gone.
It scared me, but I knew I needed some rest. So I went up north in Norway to my secret place above the arctic circle--the place were the air is
clean, the sun shines all night and the only sound you hear is waves rolling in to shore. It's the place I wrote about in my bonus track song "Surfing the Sun".



I celebrated the National Day of Norway there. 17th of May.
It's an amazing tradition where everyone walks in a big parade with Norwegian flags. All the girls are wearing the Norwegian national costume and kids are allowed to eat as much ice cream they can. I also went up to a small cottage far up in the woods under the big mountains and spent some days there doing nothing at all.
It was good for my voice and my soul. I've gotten tons of new energy.

I'm returning to New York now.
New York is also the best place around spring time. Suddenly tons of
people are walking in the streets and laying in the parks. I'm going
back to put together my own band. It's been my dream, so it's going to
be fantastic. We will rehearse for about two weeks and then the trip
goes straight to Malaysia.
I will then travel around Asia for a month and come back to Japan in
July. I can not wait to eat sukiyaki again, seriously miss it.

Only about three days until my album comes out. How surreal! I hope
people will enjoy it.. I really do.

Later,Marion

----------------------------------------------------------------

ノルウェーに仕事で戻るのは、休暇で家族に会いに戻るのとはまた違った感じ。
もうノルウェーには住んでないから、オスロではホテルに一晩泊まることになっちゃって。とてもヘンは感じだった。ノルウェー版のエル用にフォト・セッションをしたんだけど、ノルウェーにいた頃から読んでた雑誌だったから楽しかったわ。あと、オスロでショウケースもあったわ。初めて、自分のパフォーマンスを見てもらうために家族や友達を呼んだの。ノルウェーで一番重要なマスコミの人たちも来てたっけ。ノルウェーの人たちに自分の曲を披露するのは初めてだったから・・・誰もまだ曲を聞いたことが無いし、もの凄く緊張しちゃって、声の調子がおかしくなちゃった。これは全て花粉症のせい。その日は、当然のように木々は一番の花盛りを迎えていたの。
頭はズキズキするし、ノドも痛くて。それでも、がんばろうって。一番大好きな人たちが観客席にいるのに、ショウをキャンセルしたいとは思わないものね。
前にやったショウの方が良かったと思うけど、状況を考えれば十分満足のいくものだった。目の前に大好きな人たちがいるのって、とても嬉しいものね。
それから、ノルウェーのマスコミや人々が応援してくれているのには驚いちゃった。みんな、「ブレイク・ユー」を本当に気に入ってくれたみたいで、それだけで私はスゴく幸せ。

インタビューを少しやったら、声がすっかり出なくなったの。怖かったけど、自分には休養が必要だって分かってたから。だから、ノルウェーの北、北極圏にある秘密の場所に向かったの。ここは空気がキレイで、太陽も一晩中照らしていている場所で、聞える音は打ち寄せる波の音だけ。ボーナス・トラック「サーフィング・イン・ザ・サン」はこの場所についての曲よ。ノルウェーの国立記念日はここで過ごした。ちなみに5月17日よ。面白い風習があって、みんなノルウェーの国旗を掲げてパレードするの。女の子はみんなノルウェーの伝統衣装を着て、子供達は好きなだけアイスクリームを食べれるのよ。
それから、大きな山にある森の小さなコテージで、何もせずに何日か過ごしたわ。これはノドにも精神的にも良かったと思う。新しいエネルギーを沢山蓄える事が出来たしね。

今はニューヨークへ戻っているの。
ニューヨークの一番良い季節も春なの。春になるといきなり人が待ちに溢れ出し、公園に寝そべり出すの。ニューヨークに戻ったら、自分のバンドを結成する予定。ずっと夢だったから、きっとスゴイことになると思うわ。2週間ぐらいリハーサルをしてから、マレーシアに向かって出発することになると思う。
それからまた1ヶ月ぐらいアジアを旅して回って、日本にはまた7月に来れるかな。もうすき焼きが食べたくて仕方がないの。ホントにもう、恋しいくらい。

あと3日間ぐらいでアルバムが発売になっちゃうなんて。何かシュールよね。みんな、アルバムを楽しんでくれるといいな・・・私は勿論楽しんでるわ。


またね。
マリオン
[PR]
by marion-raven | 2005-06-06 10:04
<< What's happ... I am back in No... >>
Links
海外オフィシャルサイト
国内オフィシャルサイト
その他のExciteMusicブログ
GOINGUNDERGROUND
石原聡の『一日一膳』


宮沢和史 ヨーロッパツアーblog

スカイ・スウィートナムの
『ブログDEスカイ』


柳田久美子の交換日記

レミオロメン 神宮司の司は寺じゃない!!

ゆず 体育館ツアー2004 "1-ONE-"ポラ日記

BUMP OF CHICKEN TOUR DIARY

奥田民生のブログOT
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Copyright ©1997-2004 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム
excite excite music